ダウンロード先 → クリック

お客様の立場と気持ちを第一に考えプライバシーを厳守します

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
トップページ >プライバシーポリシー
平成25年3月30日 兵庫県 高次脳機能障がい講演会

高次脳機能障害.netで初めての講演会が決まりました。
初めての講演会は兵庫県での開催となります。
患者や患者ご家族、医療関係者等、また高次脳機能障害に興味をお持ちの様々な方にご参加いただき、理解を深めていただければと思います。
当講演会では当事者でもある俳優・柳浩太郎氏を始め、脳神経外科医・安井敏裕医師、行政書士藤井秀幸氏 (現 一般社団法人 市民福祉ネット代表) を講師に迎え、高次脳機能障害を様々な視点から語って頂きたいと思います。

講演会パンフレット表面(PDF)講演会パンフレット裏面(PDF)



講師プロフィール 柳浩太郎

ミュージカル『テニスの王子様』の初代・越前リョーマ役でデビュー。 舞台初主演ながら高い評価を獲得し、注目を集めていたさなか、交通事故に遭い高次脳機能障がいの後遺症が残る。
しかし、懸命のリハビリの結果、俳優に復帰し、以後多数の作品に出演。
2010年自伝エッセイ『障害役者~走れなくても、セリフを忘れても~』を発表。
さらに、高次脳機能障がいを負いながらも俳優活動に挑戦する姿は注目を集め、2013年1月30日放送のフジテレビ「NONFIX」にて取り上げられた。 また、2月より雑誌「コトノネ」にて連載をスタート。 現在も、芸能活動と並行しながら積極的に講演活動を行っている。

講師プロフィール 柳浩太郎

脳神経外科医・大阪市立大学医学部卒業・医学博士・元大阪市立総合医療センター脳神経外科部長。臨床医として多くの患者を治療。 現在は高次脳機能障がい.net協力医として、高次脳機能障がいに関する医学的見地からの情報を発信するとともに、多くの高次脳機能障がい患者の診察・サポートを行なっている。 常に患者・家族目線での診察を行なっており、患者・家族から厚い信頼を寄せられている。

講師プロフィール 柳浩太郎

交通事故後遺障がい認定手続きに特化した行政書士として、全国あらゆる地域の被害者のサポートを実施。 常に交通事故被害者の目線で細やかな対応を心がけることで、法人として他の弁護士事務所・行政書士事務所と比べて圧倒的な認定率を維持している。 また、高次脳機能障がいの後遺障がい認定問題に早くから取り組んでおり、これまで見過ごされていた高次脳機能障がい患者の認定のやり直しなど、全国で唯一のサポートも積極的に提供している。