交通事故の被害に遭った時に病院やお医者さんにどのような対応をしたらよいか

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
ご登録はこちらからどうぞ
トップページ > 交通事故で病院にかかる時の注意点

交通事故に遭った時、病院やお医者さんもあなたの味方になってくれます

交通事故で病院にかかる際は、治療やリハビリだけではなく、
治療終了後の補償問題についても、受診当初の時点から
慎重に考えながら対応しなければいけません。

病院の転院についても交通事故で発症した場合は、
他の患者さん(賠償問題が関係しない)にとってよい道すじが、必ずしもよいとは限りません。
交通事故直後からの対応に慎重さがより求められます。

お医者さんとは良い関係作りを心掛けてください

また、交通事故での受診の場合、
お医者さんは保険会社から多くの書類を書くように求められます。
それらは本来の業務にプラスしてしなくてはいけませんので、
お医者さんにとっては負担に思われることも多いようです。

ゆえに交通事故で発症した患者さんやご家族は、
お医者さんに快く書類を書いていただけるよ うに、
日ごろからお医者さんとコミュニケーションをとってよい関係を築いておく必要があります。

転院する際は必ず紹介状をもらって、
交通事故との因果関係をはっきりさせておきましょう。

また転院する場合は必ず主治医の先生に紹介状を書いてもらうようにして、
移った先の先生にも交通事故に遭ってからの経緯を
きちんと把握してもらうようにしなければいけません。

転院先での検査結果が交通事故との関連性がある事を証明できるように紹介状を必ず書いてもらいましょう

交通事故で高次脳機能障害が発症した場合、適正な補償を受けるためには、
まず自分の症状に合った正しい認定を受ける必要があります。
そのためには目に見えない病状を詳細な検査できちんと証明しなければなりませんので、
むやみに転院を繰り返しても納得のいく検査結果が出るとは限りません。

更に全ての病院が同一の検査設備を整えているわけではありませんので、
病院により可能な検査の内容や検査機器の精度に差があります。