行政書士、弁護士に相談・依頼するタイミングをご紹介します

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
ご登録はこちらからどうぞ
トップページ > 専門家への相談と依頼のタイミング

弁護士や行政書士がどのような手続きをしてくれるかを解説しています

専門家への相談と依頼のタイミング
交通事故発生から解決までの流れ

交通事故の専門家は弁護士・行政書士ですが、それぞれ専門とする手続きの内容が違っています。
交通事故後すぐに裁判となるわけではなく、まずは自分の後遺障害認定を、
適切な等級で認定を受ける必要がありますので、
必要な時期に、必要な専門家に依頼することが大切です。

事故発生、行政書士に依頼、後遺障害の認定、弁護士に依頼、解決

まずは適切な等級認定を受けましょう

行政書士は自賠責保険の手続きを代理する専門家です。
交通事故による高次脳機能障害では、実際の障害に見合った適切な補償を得るために
訴訟等で加害者側(の保険会社など)と争う前に、
適切な後遺障害の認定を受けておく必要があります。

そのためにはまず、「被害者請求」の手続きをとらなくてはいけません。
後遺障害の認定手続きをするにあたって、後遺障害を証明するために必要な検査を
お医者さんにお願いして受けないといけない場合もあります。
これらの手続きを代理して行うのが行政書士です。

まずは治療に専念するためにも専門家である行政書士のサポートを受けるのが理想的です

「信頼できる行政書士選び」が「弁護士選び」よりも重要な理由

まずは、自分の後遺障害に見合った等級認定を受ける事が重要です。
この後、示談内容に納得がいかず、最終的に裁判となった場合、
交通事故の後遺障害や、自分の不利益をどんなに訴えても、
ほとんどの場合は自賠責保険での認定結果をもとに判決が出ます。

いちど受けた認定結果よりも高い等級での補償を得ることは非常に困難です。
行政書士は弁護士以上にどこに依頼するのかを慎重に選ぶ必要があります。

信頼できる行政書士選びのポイント

交通事故案件が専門、高次脳機能障害の案件実績がある、必要に応じて病院へ同行する

少なくとも上記を満たしている事務所に相談されることが望ましいと思われます。
また実際に電話やメール等で相談してみて
高次脳機能障害に詳しいかどうか探ってみてもよいかもしれません。

どうしても納得がいかない場合、弁護士へ依頼して裁判へ

交通事故により高次脳機能障害が発症したら、通常は訴訟によって、解決を図ることになります。

その障害の程度や今後、将来にわたっての影響度など、証明が大変困難です。
裁判の知識がない本人や家族が、治療やリハビリと並行して進めることは難しく、
多くの場合は訴訟の専門家である専門家弁護士に依頼することになります。

訴訟のプロである弁護士のサポートを受けるのが理想的です

「弁護士探し」はあわてずに!ゆっくりでも大丈夫です。

交通事故での加害者側との示談交渉やトラブルを解決する専門家といえば、
たいていの方がすぐに「弁護士」を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも交通事故の直後に弁護士へ相談に行っても、
実際に裁判となるかどうかはその時点ではわかりません。
弁護士の報酬は後払いですが、依頼した時点から
着手金・日当・諸経費などがコンスタントにかかってきますので、
本当に弁護士が必要となった時点で依頼するほうが経済的です。

交通事故のご相談は

交通事故に遭われた時は、当団体の無料相談サービスをご利用をお勧めします。
メール・電話でのご相談の他、相談内容に応じて、当団体顧問専門家の面接相談・相談会もご利用いただけます。
後遺障害・損害賠償・障害年金などでお悩みの場合はお気軽にご相談ください。

無料相談はこちら