高次脳機能障害.netがどのような診断基準で認定されるかをご説明いたします

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
ご登録はこちらからどうぞ
トップページ > 高次脳障害診断基準

高次脳機能障害.netはどのような基準で認定されるのかをご紹介しています

脳の一部が損傷を受けることで、記憶、意思、感情など、
高度な脳の機能に障害が現れる症状を障害は高次脳機能障害といいますが、
身体的な後遺症を残さない場合が多いため、障害があることがわかりにくく、
その診断基準は症状によって様々です。

「高次脳機能障害」という用語は、学術用語としては、
脳損傷に起因する認知障害全般を指し、
この中にはいわゆる巣症状と しての失語、失行、失認のほか、
記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などが含まれます。

一方、平成 13 年度に開始された高次脳機能障害支援モデル事業において、
集積された脳損傷者のデータを慎重に分析した結果、
記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの
認知障害を主たる要因として、日常生活及び社会生活への適応に
困難を有する一群が存在することが明確になりました。

これら については診断、リハビリテーション、生活支援等の手法が確立しておらず、
早急な検討が必要なことが明らかとなりました。

そこでこれらの方たちへの支援対策を推進する観点から、
行政的に、この一群が示す認知障害を「高次脳機能障害」と呼び、
この障害を有する者を「高次脳機能障害者」と呼ぶことが適当である。
その診断 基準を以下に定めています。

高次機能障害者の診断基準

脳の器質的病変の原因となる交通事故による受傷や疾病の発症の事実が確認されている。

現在、日常生活または社会生活に制約があり、その主たる原因が
記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの 認知障害である。

MRI、CT、脳波などにより認知障害の原因と考えられる
脳の器質的病変の存在が確認されているか、
あるいは診断書により脳の器質的病変が存在したと確認できる。

脳の器質的病変に基づく認知障害のうち、
身体障害として認定可能である症状を有するが上記主要症状( I-2 )を欠く者は除外する。

診断にあたり、受傷または発症以前から有する症状と検査所見は除外する。

先天性疾患、周産期における脳損傷、発達障害、進行性疾患を原因とする者は除外する。

Ⅰ~Ⅲをすべて満たした場合に高次脳機能障害と診断する。

高次脳機能障害の診断は脳の器質的病変の原因となった外傷や
疾病の急性期症状を脱した後において行う。

神経心理学的検査の所見を参考にすることができる。

なお、診断基準のⅠとⅢを満たす一方で、
Ⅱの検査所見で脳の器質的病変の存在を明らかにできない症例については、
慎重な評価により高次脳機能障害者として診断されることがあり得る。

また、この診断基準については、今後の医学・医療の発展を踏まえ、適時、見直しを行うことが適当である。

評価方法~高次脳機能障害検査方法

高次脳機能障害の症状は神経心理学検査およびADL、APDLによって評価することができます。

ミニメンタルステート検査(MMSE)、長谷川式簡易知能検査(HDS-R)による、
全般的な簡易の検査が実施されることが多いのですが、
これらの検査は正常範囲であっても詳細な検査では問題があるとされる場合があります。

WAISによる知能検査を始めあらゆる検査を網羅して正確な評価を受けることが求められます。

各種無料サービスをご利用ください

当団体では、交通事故に遭った時の相談を始め、
高次脳機能障害患者・ご家族に有用な各種相談サービスを提供しています。
家族で抱え込むのではなく、少しでもお悩み事があるのであれば、まずはお気軽にご相談ください。

無料相談はこちら
高次脳ネットに参加しませんか?

インターネットでの気軽な情報交換を目的としています。

当団体はインターネットを通じて全国の患者・ご家族が交流できる場、
情報交換が出来る場を提供すべく設立されました。
また、平成25年より一般社団法人となり、
ネット上だけでなく全国各地でも活動拠点を増やしていくべく活動しています。

「会」といっても会費がかかるわけではなく、
気軽に情報を交換できるサークルとして皆さんにご参加ご利用頂ければと思います。
会員登録をして頂けるとご希望に応じてメーリングリストへの参加や、
SNSへの参加ができるようになります。

高次脳機能障害ネットワークはこちら