認定方法が見直された今、古い事故でも高次脳機能障害の認定のやり直しができます

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
ご登録はこちらからどうぞ
トップページ > 古い交通事故での高次脳機能障害に関する問題点と経緯

昔とは評価基準や認定基準が変わった高次脳機能障害の認定をやり直しませんか

高次脳機能障害は平成13年に自賠責保険で、高次脳機能障害審査会を設置し、
認定システムの運営を開始してきましたが、その評価方法や認定基準は運営開始後も常に見直されてきました。
ですが、古い認定基準で認定を受けてきた過去の交通事故被害者たちの中には
後遺障害を認められず、今も苦しんでいる方たちがいます。

高次脳機能障害は近年評価方法や認定基準が整備されつつありますが、
かつてはそのほとんどが見過ごされていた障害でした。

特に交通事故による受傷の場合、受傷時の脳の損傷はあったものの、
外見上顕著な変化が確認できないことから、適切な認定基準がなく、
重度のケースを除いてはほとんどが後遺障害の対象となっていませんでした。

専門医を中心に高次脳機能障害の認定システムを運用開始

自動車損害賠償責任保険(共済)(以下自賠責保険)では、
平成13年1月から専門医を中心とする自賠責保険(共済)審査会高次脳機能障害専門部会
(以下高次脳機能障害審査会)を設置して、認定システムの運営を開始しました。

厚生労働省の全面改正を受け高次脳機能障害の認定システムも見直し

また平成15年に厚生労働省が労働者災害補償保険(労災保険)における
「神経系統又は精神の障害」認定基準を全面的に改正したことを受けて、
同年自賠責保険においても認定システムを見直し運営されてきました。

高次脳機能障害の認定方法の見直しが検討、翌年より新システムへ

更に平成18年に「自賠責保険における高次脳機能障害認定システム検討委員会」にて
認定方法の見直しが検討され、平成19年より新たな認定システムで認定審査が行われています。

前述のとおり平成13年以降認定基準が出来、運用が開始されました。
しかしながら、運用開始以前に後遺障害認定申請をした交通事故被害者は多くの場合、
認定において適切な評価を受けることができていませんでした。

また運用開始後も現在の認定システムに比べて不十分な点もあり、
適切な評価をされていない交通事故被害者もいました。

このように現在のシステムが運用され、
医療機関側の評価をする態勢が整うまでの交通事故被害者の中には
満足な補償を受けておらず、自分が高次脳機能障害であるということすら気づかず
苦労をされている方も多くいることが考えられます。

最低条件は事故後20年以内!やり直せる可能性は・・・? 後遺障害等級を現在の基準で認定を受けましょう

ほとんどの交通事故被害者は当時の基準で認定を受け、低い金額で示談を済ませています。
しかしながら、現時点で新たに自賠責保険後遺障害等級の認定を受けることが出来れば、
その等級をもとに改めて示談交渉をやり直す余地が出てきます。

やり直すための最低条件とは

ただ、古い交通事故の事案については、通常のケースと比べて
後遺障害等級の認定において困難を伴います。
特に下記の項目のいずれか一つでも欠けていると
現時点からの認定は困難であり、認定手続きを進める上での最低条件と考える必要があります。

古い交通事故で認定のやり直しが可能な最低条件 交通事故発生日から現在までの期間が20年未満であること

20年を過ぎるとやり直しが出来なくなります!

20年とは法律関係を速やかに確定させるため、民法で定められた
除斥期間(じょせききかん)であり、この期間を超えると、いかなる方法を持っても
自賠責後遺障害の認定や、示談のやり直しはできなくなります。

受傷時に脳挫傷、脳出血等の脳の損傷が画像上確認されていたこと

脳損傷の画像所見がなかった場合はやり直しが難しい!

平成23年4月以降の認定システムにおいては、脳の器質的な損傷が
画像で確認されていなくても脳損傷の可能性を排除しないとされ、
現在の技術では画像に写らない微細な傷による
脳損傷の可能性も勘案されるようになりました。

しかしながら、古い交通事故による受傷の場合、
画像所見がないケースにおいては認定はかなり厳しいのではと思われます。

等級認定の可能性 資料が残っていなくてもまずはご相談を!

上記2点を満たしていて受傷当時から現在まで症状が継続しているのであれば、
様々なハードルはあるものの、現時点で新たに後遺障害等級認定を受ける事ができる
可能性は十分にあるものと思われます。

当時の画像や診断書は一定期間で処分されてしまっていますので、
多くの場合は資料が一切残っていません。
それでも適切な専門家のサポートにより慎重に進めていくことで
認定を受け直すことができる可能性は十分にあります。

古い交通事故による受傷の場合、交通事故当時から
画像所見が見られないケースにおいては認定はかなり厳しいのではと思われます。

等級認定の可能性ここまで