生活版ジョブコーチ手法の費用とご利用までの流れ

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
ご登録はこちらからどうぞ
トップページ > 生活版ジョブコーチ手法の費用とご利用までの流れ

高次脳機能障害のお悩みお気軽にご相談ください

生活版ジョブコーチ手法の費用とご利用までの流れ

ひと月に利用したサービスの量に関わらず、利用者本人(18歳未満の方は保護者)の
所得状況に応じた利用者負担上限月額を超える負担は生じません。
上限月額まではサービス費用の1割を負担

居宅介護等
区分 月額負担上限額
障害者 障害児
市町村民税非課税世帯
生活保護世帯および中国残留邦人等の支援給付受給世帯
0円 0円
市民税課税世帯(所得割16万円未満) 9,300円 4,600円
市民税課税世帯(所得割16万円以上28万円未満) 18,600円 4,600円
市民税課税世帯(所得割28万円以上46万円未満) 18,600円 18,600円

ここでいう世帯の範囲は、障害児については、「住民基本台帳の世帯」、
障害者については、「本人及びその配偶者」となります。

障害者総合支援法に基づくサービスを申請する場合は、事前にお住まいの市町村への
連絡・申込みが必要です。その後の支給決定までの流れは次のようになります。

ご利用までの流れ:市町村区への相談・説明、利用申請、結果通知、支給決定、利用開始
1:認定調査を受けます

申請を行うと、認定調査員が自宅等を訪問し、心身の状況や、支援の必要度等を把握するための聞取調査があります。

2:障害支援区分の認定を受けます

認定調査によるコンピュータの一次判定結果を踏まえ市町村審査会で審査が行われ、障害支援区分の認定結果が出ます。
※「訓練等給付」のサービスを受ける方は審査会での審査はありません。

3:市町村の支給決定を受けます

就労や日中活動、介護者や居住の状況などに関する勘案調査、
サービス利用意向の聴取が行われ、審査会の意見を聞いてサービスや支給量等が決定されます。
「訓練等給付」の場合は、暫定支給決定が行われ希望するサービスを一定期間利用した後、
本人の利用意思やサービスが適切だったかを確認したうえ本決定となります。

4:市町村から交付された受給者証により希望する事業者と契約を行います

事業所と契約後支援方法をご利用者様、ご家族と相談支援計画をたてます。
【訪問介護の場合】
ご利用者様のご自宅へ訪問し、掃除支援、洗濯支援、調理支援、買い物支援、(見守り支援)または、生活援助を行います。

生活版ジョブコーチのお申込み・お問合せはこちら