高次脳機能障害ネットワーク(会)

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
ご登録はこちらからどうぞ
トップページ > 生活版ジョブコーチ手法支援日記
新着日記
サービスご利用者の声

2014年3月11日 PM 06:01 愛知県名古屋市T様

我が家は事故後、記憶障害や社会的行動障害など重度な後遺障害が残りました。事故前は学生だったため、家事一切何も教えてなく全く何もできない状態でした。親が元気なうちは食事の世話から洗濯、買い物、外出などほとんど世話をしていましたが、親の高齢化にともない自立させねばと計画を立てました。そのために一人暮らしの練習から始め、1週間に2回障害者福祉サービス支援の手続きを取り利用することにしました。

ヘルパー支援を利用するようになって2年経ちます、重度な当事者が親離れに一生懸命努力しています。親も子離れを思い切らねばなりません。

ヘルパーさんに入っていただくようになってから、最初は出来合いのおかずを買いに行く、テーブルに並べて一人で食べる訓練をします。その後、本当にひとつずつ出来ることを探して無理のない支援方法でしっかり時間をかけて見守り支援をしていただきました。

今では、ヘルパーさんが来る日は身体が覚えていることを順番にしていくこともできるようになりました。