奈良県で高次脳機能障害のご相談が出来る機関|高次脳機能障害.net

奈良県の高次脳機能障害に関する機関

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
ご登録はこちらからどうぞ
トップページ > 全国 > 奈良県

奈良県の高次脳機能障害の基幹施設・高次脳機能障害普及事業支援拠点機関

奈良県で高次脳機能障害のご相談が出来る機関

奈良県の高次脳機能障害普及事業支援拠点機関

奈良県総合リハビリテーションセンター

磯城郡田原本町大字多722番地

0744-32-0200

スタッフ数(平成22年4月1日現在)
理学療法士  23人 作業療法士  30人 言語聴覚士  6人

回復期病棟では、リハスタッフ増員により、さらに訓練時間・訓練頻度を充実させ、
最もリハビリが必要な時期に、より集中的なリハビリテーションが行える態勢を整えています。

平成20年4月から土曜リハを開始し、月曜から土曜日までの6日間、
1人の患者様にマンツーマン対応で最大3時間のリハビリテーションを行い、
患者様の機 能回復を早めることが可能となりました。
 (ただし、作業療法、言語療法については、訓練頻度に幅があります。1週6日間は最大に訓練が入った場合です。)

また、平成21年4月から、より連続したリハビリを実現するために、
5月、9月、年末年始の長期連休にも対応していきます。(一部は休みとなります。)

サービス内容として機能回復やADL(日常生活活動)能力の向上を図るために、
社会や家庭への復帰を目的とした患者様ごとのリハビリテーションプログラム を計画します。
そして、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、ソーシャルワーカー、
薬剤師、管理栄養士が共同で集中的・包括的なリハビリ テーションを提供いたします。

また、訓練室だけでなく、「生活の場」である病棟における訓練も重要です。
ご家庭に復帰されたときの生活をイメージしたリハビリテーションも積極的に行っています。

施設紹介ここまで