岐阜県で高次脳機能障害のご相談が出来る機関|高次脳機能障害.net

岐阜県の高次脳機能障害に関する機関

  • 文字サイズ小
  • 文字サイズ中
  • 文字サイズ大
ご登録はこちらからどうぞ
トップページ > 全国 > 岐阜県

岐阜県の高次脳機能障害の基幹施設・高次脳機能障害普及事業支援拠点機関

岐阜県で高次脳機能障害のご相談が出来る機関

岐阜県の高次脳機能障害普及事業支援拠点機関

岐阜県精神保健福祉センター

岐阜市下奈良2-2-1

058-273-1111

木沢記念病院

美濃加茂市古井町下古井590

0574-25-2181

◆理学療法
運動療法を通じて患者の身体機能の回復を図り、起きる、立つ、歩くといった
基本的な動作の自立や社会復帰を助ける 。
リハビリテーションセンターでは平成17年2月に大規模な改修工事が完了し、
理学療法室は延べ床面積475㎡(水治含む)、様々な機器をそなえた総合 リハビリテーション施設となり、
平成17年4月からは回復期リハビリテーション病棟も開設
(施設概要) 延べ床面積: 475㎡ (含 水治療室 個別訓練室)
主な機器: 訓練マット プラットフォーム 平行棒(3台) 起立訓練台(2台)昇降式治療台(2台) 
油圧式トレーニングマシン(4機種) 自転車エルゴメーター(4台) トレッドミル 重錘 各種測定機器など

◆作業療法
作業療法とは病気や事故のため身体に障害を負った方々に対し、
今後生活していくための問題を的確に評価し、いろいろな作業活動を用いて治療を行う。

また障害があっても残された機能を最大限活用し、身辺動作や家事動作、仕事への復帰をめざした訓練を行う。
更に、在宅の障害者やその家族の方々が生活しやすいよ うに指導、援助を行う。

◆言語療法
現在8名の言語聴覚士が業務にあたる。
小児のことばの遅れ、構音障害、学習障害、成人の失語症、麻痺性構音障害、頭部外傷等による
記憶障害などの高次脳機能障害や小児から高齢成人の飲み込みの 障害(摂食・嚥下障害)などに対して、
療法、助言等を行う。 特に摂食・嚥下リハビリテーションには力を入れており、
県内外からの医療スタッフの研修も受け入れる。同リハビリテーションでは、
まず飲み込みの様子、誤 嚥の有無や嚥下後の咽頭での残留、貯留の状態を観察し、 病態を明らかにし、
その上で、食事形態、水分補給や姿勢、摂取方法の工夫による誤嚥や咽頭残留の減少の方法などを検討し、
お茶や食事を安全に摂取できるよう指導、助言を行う。

◆音楽療法
音楽を聴くと気持ちが穏やかになったり逆にテンションがあがったり、
リズミカルな運動が行いやすかったりすることがあります。

また、合奏や合唱をする時に は周囲の人を意識して合わせようという気持ちが働きます。
音楽療法とは、音楽の持つこのような心理的・生理的・社会的な力を健康のために計画的に利用していく治療法です。

施設紹介ここまで